ライセンスの流用防止の必要性

経営終了の場合はライセンスを返還する

オンラインカジノのライセンスは永遠に保有できるわけではなく、例えばオンラインカジノの経営をやめる場合返却しなければなりません。
オンラインカジノの経営をしないのにライセンスを持っているのは意味がありませんし、何よりも経営しない会社にオンラインカジノのライセンスは付与されないのです。

オンラインカジノの経営を続けるという前提でライセンスは発行されますが、経営を続けない場合は基本的にライセンスを返還が必要になります。
勝手にライセンスを他人に譲渡するようなことはできませんので、返却手続きは適切に実施されなければなりません。

ライセンスは運営前提で付与される

オンラインカジノの経営をしない場合、ライセンスを持っていても意味がありませんし、ライセンスを他の人に譲ることもできません。
従ってオンラインカジノの経営をしないのであれば、基本的にライセンスは返さなければなりません。
返却されたライセンスは、そのまま国が対処してくれるので安心です。

オンラインカジノの経営をしている会社は、経営できないと判断した時点でライセンスを返却した上で、オンラインカジノを閉鎖しなければなりません。

ライセンスを持っていたとしても、オンラインカジノの経営をしないのであれば保有している意味は全くありません。
更にライセンスはオンラインカジノごとに発行されているものであり、別のオンラインカジノを立ち上げる場合は新しいライセンスを取らなければなりません。
古いライセンスを持っている状態で経営を再び始めようとしても意味がありませんので、基本的に古いライセンスは適切に処理して返却しなければなりません。

また、オンラインカジノを始めたいと考えている人に対して、勝手にライセンスを譲ってはいけません。
ライセンスを譲渡した場合は、受け取った側も譲った側も犯罪となり、処罰されてしまいます。
ライセンスは国が適切な会社に対して発行しているもので、適切ではない会社には絶対に発行されません。
勝手に譲ったライセンスを利用してオンラインカジノを立ち上げるのも国にとっては困る話なので、ライセンスは国に返して適切に処理されなければならないのです。

ライセンスを流用する悪質なオンラインカジノ

近年でも悪質なオンラインカジノと呼ばれるサイトが散見されることがあります。
徐々に減ってはいるものの、オンラインカジノのようなイメージを強く与えているほか、オンラインカジノと同じゲームを提供できているため騙されやすい傾向があります。
こうした悪質なカジノは基本的にライセンスを所持できないのですが、中にはオンラインカジノと同じようにライセンスをサイトに表示している場合があります。
実はこのライセンス、本来なら返却されなければならないものが流用されているのです。

ライセンスは本来なら返却されなければなりませんが、手続き等が面倒なのでそのまま放棄した会社もあります。
また、ライセンスを不正に売却して高い利益を得ている会社も一時期はありました。
様々な要因によって発行されたライセンスが不正に取得され、悪質なカジノが流用し表示しているのです。
この問題はオンラインカジノ全体で改善するように求められているほか、放棄されているライセンスに気を付けるように警告も出ています。

ライセンスは国が発行し、信用できると判断した企業にのみ付与されています。
しかし、使われなくなったライセンスを悪質なオンラインカジノが勝手に利用している場合もあるので注意してください。

本来ならオンラインカジノのように見せかけた悪質な詐欺サイトがライセンスを持っているわけがないのですが、放棄されたライセンスを勝手に使ってオンラインカジノのように見せている場合があります。
利用者はライセンスをしっかり確認し、偽造されているものか判断しなければなりません。

オンラインカジノのライセンスは経営に重要なもの

オンラインカジノのライセンスがなければ、正式・合法なオンラインカジノとして認められません。
同時にライセンスを受け取った企業は、ライセンスを適切に扱わなければなりません。
もしオンラインカジノを閉鎖するという決断をした場合は、しっかりとライセンスを返却して不正に利用させない対処を取る必要があります。
勝手にライセンスを流用されるような事態を引き起こしてしまうと、処罰の対処となってしまいます。

ライセンスの信頼性を損なう事態に発展しないためにも、オンラインカジノのライセンスは正しく扱うように求められています。
不正利用を促すようならオンラインカジノを経営していた側は逮捕されてしまうため、ライセンスは不要になるのであれば速やかに処分が必要です。
ライセンスを発行している国側も、ライセンスについての扱いはしっかり説明しているため、問題となる行動に発展させないための対策はしっかり進められているのです。