高ペイアウト率を誇るギャンブル

海外のオンラインカジノ

海外で高い知名度を誇るオンラインカジノ

日本ではまだオンラインカジノはそれほど普及していませんが、世界には何千万人というプレイヤーがいます。
世界中にこれほどのユーザーがいるのは、もちろんオンラインカジノを行うにあたってメリットとなる部分があるからです。
オンラインカジノを行うにあたり一番のメリットは、他のギャンブルを寄せ付けない圧倒的なペイアウト率であるということです。

ペイアウト率が高い理由

ペイアウト率が高い、それは儲けを出しやすいギャンブルということになります。
パチンコで80から85%のペイアウト率となっているのですが、オンラインカジノのペイアウト率は97%となっています。

これはもうほとんど五分五分のギャンブルを行えるということでもあります。それはオンラインカジノ側にとっての利益が減るということですが、それでもオンラインカジノが運営出来ているのは、運営にあたっての費用がそれほどかからないからです。
カジノ店ですと多くの豪華な家具を揃え、ディーラーも多く抱えなければなりません。それに加えて建物を借りるお金や光熱費なども必要になるので、自然とペイアウト率は下がってしまいます。
オンラインカジノですと、そうした実際の利用で必要となる様々なものが不要となりますので、抑えられた費用の分だけペイアウト率が高くなっています。

24時間遊べるオンラインカジノ

好きな時に好きなだけ遊べる

そして、実店舗とは違い24時間利用出来るのもオンラインカジノのメリットです。

パチンコや競馬などを行いたくても、仕事時間の関係で利用出来ないという方もいるでしょう。
オンラインカジノならば夜中であっても早朝であっても、時間帯を気にせず利用したいときに利用することが出来ます。
しかも利用出来る端末もパソコンだけではなく、スマートフォン、タブレットも利用出来るので、スマートフォンアプリにあるカジノゲームを利用する感覚で、ベッドに横になりながら利用することも出来れば、電車やバスでの移動中に利用することも出来ます。
プレイ出来るゲームもスロット、ブラックジャック、バカラをはじめとする定番カジノゲーム以外にも豊富に用意されているので、自分の得意とするゲームで勝負することが出来ます。

こうした圧倒的なペイアウト率の高さと、自分のスタイルでプレイ出来るとういその利用のしやすからオンラインカジノは世界中に多くのプレイヤーを抱える人気のギャンブルとなっています。

オンラインカジノが運営出来ている訳

手軽に利用出来るギャンブルとして注目を集めているオンラインカジノですが、その運営の仕組みについてご存じない方も多いでしょう。
インターネット上のギャンブルは日本には存在しないため、人によっては不正操作があるのではないかとの疑いを持つ方もいると思いますが、オンラインカジノの仕組みについて知ればそうした不安は払拭されます。

必要な審査

運営する為に必要な審査

海外ではオンラインカジノを合法としている国が多くあります。
店をかまえるインカジノの場合は、店内の様子から運営まで実際に目で見て確認出来るので、違法な運営をした場合はすぐに摘発され、運営が出来ない状態となります。
オンラインカジノの場合はそうしたインカジノとは違い、その内部の様子を目で見て確認することは出来ません。
しかし、オンラインカジノを開く場合、オンラインカジノを合法としているその海外の国から許可を受けなければなりません。
この運営許可を得るのは難しく、数々の審査を潜り抜ける必要があります。
一定の規模、収益がなければ運営することは出来ませんし、運営側の状態だけではなく、オンラインカジノを始めるにあたり契約を結ぶソフトウェア会社に関しても一定の基準が設けられています。

ゲームのソフトウェアに不正があるとギャンブルとしての公平性が損なわれてしまうので、オンラインカジノを対象とする第三者機関によりプログラミングの隅々まで厳しくチェックされます。
こうした厳しい審査を通過し運営許可を与えられるので、オンラインカジノに対し疑いを持つ必要はないでしょう。

高い還元率

低い経費だから出来る高い還元率

そしてオンラインカジノは、インカジノのように建物の家賃やスタッフの人件費、光熱費等がほとんどかからないため、インカジノよりも高いペイアウト率でゲームを提供しています。

上でも書きましたが、そのペイアウト率は97%という驚異的な高さであり、これは世界のどんなギャンブルよりも高い数値となっています。
具体的に金額で説明すると、1万円使った場合平均で9700円戻ってくるということです。日本の国営ギャンブルである競馬の場合で70%前後ですから、この数値がどれだけ高いものかわかるでしょう。

このように公平性を追求した厳しい審査を通過した運営能力に加えて、高いペイアウト率でゲームを提供しいていることから、オンラインカジノはヨーロッパをはじめ世界に7000万人以上のプレイヤーを抱えるメジャーなギャンブルとなっています。
そうした世界の動きも手伝って、日本でも今後今以上に人気のギャンブルとなっていくでしょう。