オンラインカジノ向けに入出金の準備

オンラインカジノへの入金は比較的楽

無名のオンラインカジノの場合は入金するときの手続きも大変な場合があり、結構難しい手続き等を要求されてしまうことがあります。しかしアイウォレットに対応しているオンラインカジノには、有名なところが多くなっていますし、日本語でしっかりかかれているので、難しい翻訳などを必要としていなくて、すぐに対応してもらうことができます。

〇入金するための方法は

基本的にオンラインカジノ側から手続きをすることになります。アイウォレット側から手続きをしても、オンラインカジノの口座番号がわからないように設定されていますから、把握することはかなり難しくなります。そこでアイウォレットを利用することのできるオンラインカジノ側に入って、そこからアイウォレットで入金する方法を選ぶことになります。しっかりと専用ページが用意されているので、それを選んでおけば後は簡単に入金することができます。
その後アイウォレットにログインすることになり、ログイン後は口座間入金というものを利用することとなります。ジパングカジノのように、アイウォレットの口座を持っていて、互いに移動させることができる方法なら簡単にできます。そして口座番号などを入れていくことになりますが、ジパングカジノの場合は略称を入れることが必要となり、この略称が書かれていない場合は入金できません。
ZPRという、ジパングカジノのアカウントIDを入れることになります。他のオンラインカジノを選ぶ場合でも、アカウントの略称が必要になっていますので、それが分かるように入力することを忘れないでください。後はアイウォレット側が手続きを行って、入金することになります。この時に時間が必要なので、もしかしたらすぐに反映されないこともあります。

〇メッセージ欄への入力を忘れないように

入力する欄を間違えてしまうことはないですが、メッセージ欄へ書くことを忘れてしまうことがあります。こうした書くことを忘れてしまった場合は、入力する情報が足りないままとなりますので、基本的には入金することができません。
メッセージ欄へは、必ずアカウントの番号がわかるように、そしてオンラインカジノの情報が分かるようにしておきます。省略したIDを記入することは、アイウォレット側に分かってもらうために必要なこととなっています。少しでも入力する時の間違いを減らすためにも、しっかりと入力する部分は入れて、特にアカウントについては念入りに確認してください。

出金などの時間がかかりすぎる問題点も

入金サービスとしては、割と使いやすい評判のあるアイウォレットですが、オンラインカジノに反映されないなどの問題点が指摘されています。本来であれば、そうした問題が起きないように、早々に反映されるようにお願いしたり、場合によっては問い合わせをすることもあります。しかしアイウォレットは、出金対応に若干難を持っている部分があります。

〇入金自体はしっかりされるものの

入金対応については、ほぼ行われるようになっています。アイウォレットに対応しているオンラインカジノ側が要求すれば、手続きはしっかりできるようになり、反映されることが若干遅いものの、普通に行われていることが多いです。入金対応については問題なくされることが多いのですが、厄介なのは出金対応をすることです。
アイウォレットに対応しているオンラインカジノ側に、お金を出すことを宣言して手続きをします。こうして出すことをわかってもらうことができますが、場合によってはオンラインカジノ側で止められてしまう、アイウォレット側に反映されるまでに時間がかかってしまうこともあります。特に反映されることが遅いとされていて、結構トラブルになりやすいです。
入出金の対応は、アイウォレット側が行っている部分もありますし、オンラインカジノ側で対応していることもあります。双方がしっかりとやってくれないことには、出金対応などに問題が出てくるのは当然のこととなっていて、結果的に問題が起きてしまうこともあります。このような反映などに影響が出てしまっている場合は、問い合わせを併用するようにして、問題なく出せるようにしておきます。

〇アイウォレットの反映が遅いだけなら待とう

出勤対応が遅くなっている場合は、アイウォレットの反映が遅いだけの可能性も十分にありますので、遅いだけなら待つようにしてください。かなり遅くなっていることもあり、1週間くらい反映されていないこともあります。この場合は、反映されていないことを想定して、しっかりと待つようにしてください。
待っていれば対応してくれることが多いことや、アイウォレット側がトラブルによって失敗しているなどの情報が出てきます。1週間待っても全く変わらないようなら、流石にオンラインカジノ側とアイウォレットに問い合わせをして、問題が起きていないことを知ってもらうことです。双方に問題が起きていることもあり、接続や口座番号などのミスによって出せないケースもあります。

オンラインカジノに日本は関連しているのか

日本でオンラインカジノを利用してはいけないとされていますが、オンラインカジノに関わっている日本企業があるとの情報も多数出ています。本当にそうした企業があるなら、違法な賭博に対して投資しているので、罰せられるのではないかと思われます。しかし日本企業が携わっていることはありません。オンラインカジノに参入することもできませんし、日本語に訳して遊べるようにするシステムを提供するなど、余計なことをしてはいけません。

厳しい見方

日本では違法賭博に対して厳しい見方がある

オンラインカジノは、日本では違法の判断を受けています。カジノが違法であれば、オンラインカジノも違法として扱われて、プレイしている人は罰せられる可能性があります。気づかれない限りは大丈夫ですが、調査を進めている可能性もあります。突然朝になったら警察がやってくるなんてこともあり得る話ですが、気づくまでには多くの情報をチェックしなければなりませんから、あまりうまく進められないのも現状にあります。しかもオンラインカジノは、日本人をターゲットにプレイさせているわけでもありませんから、日本人が入ってくるなんて想定していないのです。

違法賭博については、当然罰せられて、刑罰を受けることも多々あります。実際に提供していた人が逮捕されて、執行猶予を受けているものの有罪にされたケースがあります。オンラインカジノでは、プレイさせていることで逮捕される可能性、刑罰を受ける可能性があることを理解してください。しかしプレイしている人がなかなか逮捕されていないのは、海外のサービスまで警察が調査するのはかなり難しい状況となっているためで、調査できる範囲を超えてしまった場合は仕方ないと思っています。

当然日本のサービスが、オンラインカジノに関連してはいけません。企業として何かの関わりを持っているなら、違法賭博を何らかの形で助長して、プレイさせようとしたと判断されて逮捕される可能性もあります。オンラインカジノでは、そうした問題が起きないようにしていますし、提供している会社は海外の企業です。オンラインカジノなどを専門にしている企業が提供していると考えればわかりやすいかもしれませんが、あまり日本の企業が関連しているとは考えないことです。

オンラインカジノ広告塔

日本で有名な人がオンラインカジノの広告を努めているのはなぜ?

ここで気になるのが、バナーなどに知られている人が掲載されていて、なぜオンラインカジノの広告に出ているのか疑問に思ってしまうことでしょう。本来ならあり得ないことで、逮捕されるのではないかと思われますが、逮捕されることもありません。ただ広告の掲載をされている程度なら、オンラインカジノを助長しているとは判断されません。なるべく知られている人を使って、呼び込みをしっかりかけたいと思っているので、オンラインカジノも採用している経緯があります。

しかしオンラインカジノ側も、有名な人を使っていることで支出している金額もあります。回収できなければあまり意味が無いので、なるべく回収できるように宣伝をしています。多くのサイトで宣伝してもらい、オンラインカジノを知ってもらうことができれば、カジノ側としてもある程度いい思いをします。どのような方法で宣伝をするのか、日本人にもわかってもらえるようにするかが重要になっていて、オンラインカジノ側に求められている1つの課題となっています。

有名な人が掲載されているからと言って、日本人向けに何かをしているわけでもありません。ただ宣伝広告で出されている程度で、他の目的で撮影しているものが利用されているなど、別の目的で撮影していたことが影響した場合もあります。掲載されているのは、日本人でもプレイできることを示す程度ですが、オンラインカジノでは少し気になる材料かもしれません。気になるようなら、オンラインカジノに直接話しをしてみるのもいいでしょう。

カジノ選び

オンラインカジノで遊ぶ時は慎重にチェック

オンラインカジノを遊びたいと思っている時は、日本人の人が写真で掲載されているよりも、ただカジノ関連の写真が掲載されている方がいいでしょう。オンラインカジノの信頼性をアップさせている方法ですし、写真で掲載されていたほうが、カジノに関連していると判断できます。人が掲載されているだけなら、別の広告のように感じてしまいますから、オンラインカジノを遊ぶようなイメージを持てないままとなります。

慎重にチェックして、オンラインカジノを遊んでも大丈夫か見てください、もしかしたら別のサイトだったり、偽装しているサイトの可能性もあります。オンラインカジノでも問題とされていることで、悪質なオンラインカジノが偽装サイトを作っているなどの話も出ています。日本企業が関連しているわけではありませんが、日本人の写真やそれに近いものを掲載したことで、いいと思った人が間違って入ってしまうこともあります。注意してください。